リーダーに共通すること


3.行動計画を作る

良いリーダーは行動計画を作り、効果的な方法で実行に移します。また、明確な指標や目標、期限、責任を持っています。
成功を収めるリーダーは正しい行動を正しい方法で実践するため、まずは求められる結果と目標に対する主な制約を特定し、次に計画を定期的に見直すための確認ポイントを設けた実施スケジュールを慎重に作成します。アイデアを実際の行動に変えることは、空想家と実行者の主な違いです。




4.全説明責任を取る

リーダーを意思決定者として考えることは、一般的で危険な間違いです。リーダーは人間なので全てを理解しているわけでなく、そのことに気づいています。リーダーはチームや人を率いているので、良い結果を出すにはチームや人に頼らなければならないです。



リーダーは、上司や部下、同僚から賢く見識を引き出す人です。意思決定はどの地位でも欠かせないスキルなので、良いリーダーは決断を下すために自分よりも知識がある人、準備ができている人、責任が持てる人を信頼します。
良いリーダーは結果が芳しくなくともチームのせいにしません。適切な人材を見つけ、訓練し、やる気を出させてフォローアップできたことを認め、起きたことに対して全責任を取るものです。良いリーダーは、チームや結果に責任を持ち、物事を行う方向性や方法を設定します。




まとめ

いかがだったでしょうか。以上リーダーに共通する4つの特徴でした。自分には才能がない、遺伝子的な問題だと思っている方にもリーダーになれる可能性はあります。ぜひ、限界を作らず様々なことにチャレンジしたいものですね。



それでは今日はこの辺りで〜☆

またに〜☆

END


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA