ジョブクラフティング


こんにちは!なべっちです!!

最近は暖かい日が多く、冬はどこ行った?状態です(^^;;笑

もう裸で歩けるくらい!えっ。。では本編いきましょう!!笑



今回は圧倒的スピードで成長するコツについて書いていこうと思います。最後ちょっと話逸れてますが最後まで読んでいただければと思います。



そのコツの中にゾーンに入った状態で仕事をする方法についてお伝えしようと思います。




目次

  • 「自分で課題を設計出来るかどうか」
  • ジョブクラフティング
  • 没頭する人は人を惹きつけつる
  • 夢中になっている姿が人を惹きつけるワケ
  • まとめ







結論から言うと「自分で課題を設計出来るかどうか」

ちょっと背伸びするくらいがちょうどいい

仕事をしていく中で、ある程度仕事に慣れると、自分のレベルが上がるのに対し、仕事のレベルは低くなります。こうなると退屈になり、気分が上がらず、夢中になりにくくなってしまう傾向にあるようです。




仕事をエキサイティングに感じられるラインは自分のレベルに対し、仕事のレベルが少し高いくらいくらいがちょうど良いです。ただ、仕事のレベルが高すぎると今度は逆に不安による疲れが生じる場合があります。



例えばやったことのない仕事に対し、分からないから不安を抱くので、仕事に対してレベルを高く見積もってしまうことがあります。しかし、いざ取り組んでみると、ちょっと背伸びをすれば越えられる課題だったということに気づきます。そして、どんどんめり込んでいきます。という経験は誰にでも一度はあるのではないでしょうか。