携帯ショップと家電量販店比較してみた!メリット・デメリット


量販店

メリット




・手続きの時間が短い

サクサク終わります。笑

ショップと同じようにサービスの説明などもしますが、1から10全てのオプションを案内するわけではないです。なので、案内する項目が少ないためスムーズに手続きが終わります。







・頭金がかからない/端末の割引額が多い

ショップと違い頭金は0円です。なぜか。僕も詳しい事は分からないです。笑


ただ、個人的に答えるとしたら、「出来る手続きの内容に制限があるからではないか」といつもだいたいそのように答えてます。



スマホからスマホに機種変更の場合、端末割引は無いことが多いです。が、ガラケーからスマホや、新規でのご契約の場合は割引が2万円以上入ることがあります。また、オプション付けてね、これ契約してねって事はほとんど無いです。もし言われた場合は「強い意志で断る」だけでOKです。







・すぐに手続きできる時が多い

ショップであればいつ行っても混んでる!というイメージだと思いますが、量販店であれば土日祝日はお客様の来店は多いです。が、平日であればどの時間帯もほとんど空いている事が多いです。ここも店舗に行く前に電話で空いてるか混んでいるかは確認した方がいいかもしれません。







デメリット





・修理受け付けや一部料金プランの変更ができない

基本的に機種の販売がメインです。なので修理の受け付けやプラン変更は一部できない手続きがあります。ちなみにガラケーのプランからスマホのプランに変える事は機種の販売が伴えば量販店でもできます。







・在庫が少ない

ショップと比べると在庫数が少ないという事があります。在庫のない場合は他のお店からの転換移動(2、3日程度で入荷)か発注(1週間から4週間で入荷)になります。



また、ショップでは取り寄せ出来ない機種が量販店では出来る!ということもあります。もし機種が決まっている場合はこちらも事前に在庫があるか、ない場合は発注はできるか確認した方が良いでしょう。







・強制加入のオプションがある店舗が存在する

先ほどからちょろちょろ出てきているオプションの加入ですが、「頭金0円なんですが、みなさん入ってるので〜」と言いだいたい880円/月(税込)のオプションを案内されます。




そんな時は「このオプション強制ではないですよね」や「オプション加入しなくても頭金0円ですよね」と言い切れば問題ないです。ただ、スタッフも人間なので偉そうに言うのは辞めましょう。僕だったらその後、余計なことは喋らず淡々と事を終わらせてしまうスイッチ入ります。笑









オンラインショップで買うという選択肢

他にもオンラインで買うという選択肢もあります。好きな時間にネットで機種変更、プラン変更のお申し込みができます。(名義変更など一部できない手続きもあります)



例えば、機種変更を申し込みするとご自宅かショップに新しい機種が届くので後は自分でSIMカードの差し替え、必要であればデータ移行すると使えます。もちろん下取りの申し込みも同時に出来ます。基本的に全部、自己完結する流れになるのである程度の知識(データ移行の仕方、SIMカードなど)が無いと失敗する可能性があります。





その代わり、頭金と事務手数料(機種変更の場合2,200円、新規手続きの場合3,300円が翌月に1回だけ引き落としが入ります)がかかりません。まれにキャンペーンなどもしており、ドコモだとオンライン手続きで機種変更をすると5,000円分のdポイント進呈していたりもします。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA