瞑想のすゝめ


3.時刻と体勢    

                                                                                                        瞑想は早朝瞑想と呼ばれる朝の5時から瞑想をする方法があります。利点はありますが、それが唯一の方法では無いです。つまり自分にとって「快適に感じる」かどうかだと思います。朝昼晩でどこで瞑想を行うのが快適か試してみて瞑想に入りやすい時間帯や姿勢を見つけてみましょう。






4.続けるということ      

                                                                                                                                           瞑想は数日間でも気分や能率に効果をもたらします。最初に「何日、瞑想を続けるか」状況や動機から決めると良いでしょう。ちなみに本気で続けるなら21日間です。そのくらいの日数で習慣化されます。





5.「その状態」に入る     

瞑想状態に入るには様々な方法があります。音楽、ビジュアル、呼吸法、メロディーなどたくさんあります。まずは試してみて一番自分に合う方法を見つけましょう。




6.コーチにつくかどうか

最先端距離で瞑想を習得するならコーチやインストラクターについて教えてもらいましょう。ただ、マイペースで、一人でという方が向く方もいるので自分のタイプに合わせて判断しましょう。





重要なことは「自分にとって正しいと思えるか」どうかである。また、自分流にカスタマイズすることも重要です。





僕が行っている瞑想術

僕はとてもシンプルに目を軽く瞑り、5分間ほど瞑想します。いつも何も想像しません。耳だけかたむけて周りの物音などを聴いてます。そして目を開けると脳がスッキリしていることが多いです。




僕の場合は場所を問わず、朝昼晩と3回、薬の服用のように瞑想を生活の中に取り込んでいます。




おかげで瞑想を取り込む前の生活より取り込んだ方が長時間、集中力を保つことができ、仕事や勉強などが捗るようになりました。






いかがだったでしょうか。今日も読んで頂きありがとうございました!

またお会いしましょう。またに☆






END


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA