モバイル決済はもう古い!?


こんにちは!今日も元気になべっちです!

最近お昼はペペロンチーノです。ファミマのペペロンチーノが堪らんおいしいです😋




今日は最近話題中の話題のモバイル決済について!!!じゃなく、その先のモバイルオーダーについて書いていこうと思います😇





さてさて、モバイル決済が浸透する中、新たなソリューションが広がり始めているようです。🙂





それが「モバイルオーダー」です!





消費者がテイクアウトしたいメニューをスマホで事前に注文して決済すれば、指定した時間に店舗でスムーズに品物を受け取ることができるというサービスです。






そのシステム構築のためのソリューション提供をするのは楽天です。2019年12月から東京都内にある上島珈琲店の一部店舗などで提供が始まっています。


モバイルオーダーは、アメリカではすでに小売業や飲食業など実店舗を運営する大手各社が導入されています。







目次


  • 注文から受け取りまでの待ち時間を解消
  • 商品購入までの流れ
  • モバイルオーダーは小売・外食の新しいバリューに 
  • 不満解消
  • この先「買い物」はどう変わるのでしょうか
  • 今後







注文から受け取りまでの待ち時間を解消


今回、事前注文・決済サービスのソリューション「Rakuten Ready」が始まりました。このモバイルオーダーでは、消費者が注文してから商品をピックアップするまで、どのような流れになるのでしょうか。




サービスモデルは“ホワイトレーベル”というものです。




モバイルオーダーを利用する消費者は、各社が運営するアプリや自社サイトから近くの店舗で受け取りたい商品を注文します。



楽天はそうしたアプリやサイトを展開するクライアント企業に対して、システム構築のためのソリューションを提供しています。





商品購入までの流れ


2019年12月から、上島珈琲店の都内4店舗と、とんかつ専門店「とんかつおりべ浅草店」でモバイルオーダーサービスの提供が始まりました。
注文から商品ピックアップまでの基本的な流れとしては、注文する商品と受け取り店舗、日時を入力して商品をカートに入れます。




注文内容を確認してスマホ上で決済をすると注文が完了します。


注文が完了すると、店舗側の端末には消費者の注文IDと受け取り時間、注文された商品などの情報が表示されます。



店舗では、受け取り時間に合わせて商品の準備を始め、店舗に受け取りに来た消費者に、できたての商品をスムーズに提供します。



以上のような流れになります。決済は注文段階ですでに完了していますから、消費者は店舗に立ち寄って商品をピックアップするだけでいいわけです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA