インスタグラマーとは・・・


こんにちはなべっちです!!

お昼寝すると気持ちのいい気温になりましたね☺️




さて、今日は一昨年あたりからよく聞くようになりました

インフルエンサーについてどんな人なの!?

ってことで書いていこうと思います。
ではレッツゴー🙂



誰もがSNSを使用する現代において、

インフルエンサーの存在は、

企業のマーケティングを語る上でも無視できない存在となってきました。

SNS上で大きな力を持つインフルエンサーとは、一体どのような人を指すのか?

  




**インスタの「いいね!」は廃止される? **

Instagram社は2019年7月に他者の投稿の「いいね!」

を非表示にするテストを実施しました。

自分の投稿に付いた「いいね!」数は確認できるが、

他人から見ることはできなくなるというものです。




目的は、多くの「いいね!」数を獲得しなければならない

というプレッシャーをなくすためだとされているようです。

若者のインスタ上での嫌がらせやいじめを減少させ、

一般のユーザーも気軽に投稿しやすくなる一方、

インフルエンサー達の影響力が測りにくくなります。 




実際に「いいね!」が廃止されれば、

インフルエンサーマーケティングに置いても

大きな影響が出る可能性が高いです。




**インフルエンサーとは **

一般的に言われる「インフルエンサー」は、

ブログや、YouTube、Instagram、TikTok

などのSNSにおいて多くのフォロワーを持ち、

他者の購買行動や生活に大きな影響力を持つ

発言力の高い人物を指すことが多いです。



例えば、芸能人やモデル、スポーツ選手や政治家などが

自身のアカウントを持ちインフルエンサーになる

ケースが多いようですが、近年では

圧倒的な支持を集めて活躍する一般人も増えています



Instagramでは約900万人のフォロワーがいる

コメディアンの渡辺直美や、ファッションモデル・女優として

国際的に活躍する水原希子がインフルエンサーの代表例として挙げられます。


また、YouTubeでは日本で「YouTuber」

という職業を切り開いたHIKAKINや、はじめしゃちょー

などが挙げられます。


彼らは一般人としてYouTubeで活動し始め莫大なフォロワー数

を獲得し、TVCMなどで起用されるまでになりました。

YouTubeでの活躍が認められ、CDデビューする

アーティストも増えているようです。




**インフルエンサーマーケティングとは **

多くのフォロワーに影響力を持つインフルエンサーを起用し、

企業や商品PRを図ることをインフルエンサーマーケティングと言います。

施策タイプとしては主に商品提供、現地訪問、企画があります。



インフルエンサーマーケティングにおける「商品提供」は、

商品を提供し、その感想を一定期間投稿してもらうことです。

インフルエンサーが実際に商品を使用して独自の感想を述べてくれるので、

広告コピーよりもリアリティがあり、消費者に受け入れてもらえる

可能性が高いようです。




「現地訪問」は、イベントや展示会などに招待して、

その感想や商品PRを投稿してもらうことです。

同時期に多数のインフエンサーが投稿することで消費者

の注目を集めることができます。 



「企画」では、商品企画会議などに参加してもらい、

彼ら・彼女たちの声を商品製作に反映します。

商品自体にインフルエンサーの声が反映されているので、

より消費者に寄り添った企画が可能となります。




インフルエンサーマーケティングにおいて重要となるは、

企業・商品とインフルエンサーとの親和性を確認することです。

インフルエンサーの多くは特定の分野に特化した投稿をしており、

それを好むフォロワーが多いです。




その為、企業イメージや商品のターゲットに合わせた

インフルエンサーを起用しないとブランドイメージを損なったり

ターゲットにメリットが伝わらなかったりという事態

に陥ってしまう可能性があります。

訴求したいメッセージと親和性の高いインフルエンサーを起用すること

が重要ではないでしょうか。




**ステマ問題に注意 **

近年、世界的企業においても問題となっている「ステマ」。

ステマとは「ステルスマーケティング」の略語であり、

企業から金銭を受け取っていることを明記せずに、

企業PRとなる内容を投稿することです。




口コミの偽装などが話題となり、

日本でも問題意識が高まりました。

インフルエンサーマーケティングは通常の広告よりも

消費者に好意的に受け入れられる可能性が高い一方、

ステマ行為は一気に企業の信頼を失いやすいです。


インフルエンサーを起用し、

適切なマーケティングを行えばインフルエンサーは企業活動

において大きな味方となってくれるのではないでしょうか。




いかがだったでしょうか。

今回は以上になります。

また次回もお楽しみに☆

END


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA