仕事は遊び感覚


こんにちは!!今日も元気になべっちです!!




自粛が緩和され、街に賑わいが徐々に戻ってきている

感じがします!





さて今回は仕事が義務ではなく、

「遊び感覚」というマインド

の方がメリットが大きい

ということについて

書いていこうと

思います!

ではレッツラゴー!!





目次

・超・適当人間

・精神的負担が少ない

・仕事が楽しくなる

・もう一つの仕事に集中できる





超・適当人間

僕は超がつくほど適当人間です。

いや、自分で言うんかーい!と

自分で突っ込みました。笑



仕事は真面目にしますよ。笑

ただ、その会社で一生ご飯

を食べていくの?

って思っています。



今の時代から一生同じ

会社で給料も上がらず

働き続けるのは

とても危険です。



なので、仕事は真面目に

しますが、遊び感覚

ですると気持ちも楽に

なります。



メリットが3つあるので紹介して

いきたいと思います。




精神的負担が少ない。

これは大きいと思います。

一つの仕事を真面目に

きっちりしていると、

例えば仕事で失敗やミスを

してしまった時に

上司からの評価が下がる

という精神的ダメージが

大きいと思います。




ただ、ミスや失敗は

自分の責任になるので

しっかりと反省をして

次にどう活かすのか、

改善策は何なのかは

明確化する必要性はあります。





ここで遊び感覚を

取り入れていると、

「今回はちょっと

失敗しただけ」

と軽い感じで

心の負担はグッと

下がります。






仕事が楽しくなる

二つ目は仕事が楽しくなる

ということです。

どういうことかと言いますと、

遊び感覚で仕事を捉えています。

なので例えば、ゲーム感覚で

これとこれをやってみたいな

この仕事をすると〇〇のスキルが上がり

また1つ成長するぞ。

という感じでゲームみたいに

仕事に取り組むことで、自然と

モチベーションが上がり、

ワクワクする心になります。

すると仕事が楽しくなります。





もう一つの仕事に集中できる

今の時代「副業」が当たり前に

なりつつあります。

本業を遊び感覚で行うことによって

残ったエネルギーを帰ってから「副業」に

思う存分充てることが出来ます。





このように仕事を遊び感覚で行うことによって

3つのメリットが得れます。

ぜひ、試してみてはどうでしょうか。




またに〜☆

END


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA