現場の問題をあぶり出す方法(後編)


こんにちは!今日も元気になべっちです!!




黄砂が落ち着いたかなと思えば梅雨!!

天気さんも忙しいですね。。。笑




それでは後編どうぞ!

まだ前編見てないよ!って方は

こちらからどうぞ!!



目次

・ロジックツリー

・緊急度/重要度マトリクス

・意思決定マトリクス

・最後に





1️⃣ ロジックツリー

物事を分解して考えることで

全体と部分での要素を見ること

で整理ができます。








①問題を決める

まず始めに何が問題なのか

問題の設定を行います。




②原因を書く

問題に対しての原因を書き出して

いきます。

細かくなりすぎないように

大まかな原因を書いていきます。

ここで重要なのが「なぜ?」

と問いかけることです。




③更に細分化する

②で出た原因を更に細分化します。

具体的な解決策が出てくる

でしょう。




④ツリーを整理する

最後に書き足した解決策を俯瞰的

に見ることでチェックできます。

論理的でないものはないか

チェックを行うことで

出した解決策が本当に

正しいか確認ができます。





2️⃣ 緊急度/重要度マトリクス

物事に緊急性と重要性を付ける

ことで今何をしないといけないのか

管理することができます。

ちなみに僕の勉強机の壁にも

自分で表を作り、ラミネートしたもの

を実際に貼ってます。笑

いつも目に入るので忘れることは

ないです。








写真にもあるように実際に

①→④の手順で進めれば

問題ないです。

ただ僕の場合は自分ルールを設けてます。

タスクが8個以上(滅多にない)に

なった時のみ②と③のところを

開放してそこにもタスクを

入れます。

なので基本的には①と④しか

使いません。

なぜならめんどくさいから

です。笑



重要で〜緊急で〜とか

タスクにいちいちそんなの

考える間があれば

最速でタスクが終わるように

考えて行動する方が効率的です。

これは僕の考えなので好き嫌いは

あると思います。やりやすい

やり方が一番です☆




あとはタスク管理のところにも

書いてますが、本来やらなくていい

タスク、他の人に任せることができる

などあるものはどんどん切り捨てて

いきましょう。

そしていつでもタスクが増えても

大丈夫!と言える余裕を持ちたい

ですね☺️





3️⃣ 意思決定マトリクス

課題やアイデアなど様々な

選択肢を評価・選定するのに

とても役に立ちます。

ただこのマトリクスには

収益、将来性のポイントが

2倍なのでどうしても

収益や将来性のあるもの

に偏ってしまうのが欠点

ではあります。







ポイント性なので自分が出した

ポイントに間違えがないか、

ズレが生じてないか

第三者にチェックしてもらう

などはチェックする項目

ではないでしょうか。




最後に

この問題をあぶり出す方法

に関しても自責で考えることが重要

になってきます。

まず、「自分に何ができるのか」

を考え、そしてチームや組織と

全体に広げていくことが重要です。




そのように考え続けるからこそ

思考は停止せずに問題解決へ向かいます。

そしてまた新しい問題が出てきます。

その繰り返しです。

このような体験を繰り返していくこと

でやがて人間的に大きく「成長」

できると僕は信じています。





自分が出来ると心から信じることができれば必ずやれる

アイルトン・セナ





問題をあぶり出す編に関しては

こちらで終わりになります。

次からは分析編に入っていきます。




次回もお楽しみに☆

またに〜☆

END


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA