「ポイントが3つあります」が古いワケ


こんにちは!!今日も元気になべっちです!!!



最近、朝にコーヒー飲むのがマイブームです。

コーヒーの香りがやる気を引き立てますね😇笑





目次


  • 定番の「ポイントが3つあります」
  • 「ポイントが3つあります」の落とし穴
  • これからはどう伝える?
  • なぜ「時代」という言葉なのか
  • 逆接を使う
  • 他にもこんな最強な言い回しも!
  • 最後に



定番の「ポイントが3つあります」

よく会社の会議やプロジェクトの進捗状況の共有などでよく

使われる「ポイントが3つあります」

ですが、こちらが丁寧に説明しているつもりがうまく

伝わっていない。。。話の内容も理解していない様子。。。





なんて経験はないでしょうか?





これは仕方がない事で、自分の言葉がそのまま100%相手に伝わる

ということはありません。


大切なのは自分が伝える内容の流れの道筋を相手の頭の中と共有

することが大切です。





「ポイントが3つあります」の落とし穴








この「ポイントが3つあります」という表現は、相手の頭に

「これから3つのポイントを説明される」という共通認識ができます。

そのため、相手も整理して話を聞きやすいという理屈です。





ただ、この表現には大きな欠点があります。

今のご時世、忙しい人が多いのではないでしょうか。

また、会議やミーティングで「ポイントが3つあります」

という言葉を腐るほど聞いているのではないでしょうか。





なので、

「ポイントが3つあります」と言うと、

「3つもあるのか、長いな」「ポイント3つか、またか」となります。






スマートフォンが普及し、情報を手に入れるスピードは

数年前より格段に早くなっています。

そして無意識のうちに情報の取捨選択も同時に行っています。





つまり、「3つだけ」ではなく「3つも」あると捉えられてしまいます。





例えば、街や電車の広告で「ポイントが3つあります」という広告を

投げかけられたことは無いと思います。

そんな言い回しをしていたら見てもらえない、聞いてもらえないからです。




これからはどう伝える?

短く分かりやすく伝える方法はたくさんありますが、そのうちの1つを

紹介しようと思います。




それが「時代」という魔法の言葉です。



例えば、「ネット業界が伸びる時代です」

と発言すると、

A「これまでの時代」とB「これからの時代」

といったA→Bへの順序通りに説明することができます。






「ネット業界が伸びる時代です。(A)スマートフォンやインターネットが普及していない

時代は、ネット業界が伸びることはありませんでした。でも、(B)ネットが普及

している今の時代、これからも盛んにネット業界は伸びていくと考えられます」








と1分足らずで説明する事ができます。もちろん内容によってはAやBのところを

詳細に伝えることが必要な場合もあります。

ただ、今回の内容であれば「ポイントが3つあります」を使うより、

確実に分かりやすく伝えることが可能です。







なぜ「時代」という言葉なのか

「時代」という言葉は変化の激しい今の時代にピッタリな言葉です。

ネットの世界では、1年、6ヶ月、1ヶ月、1日単位で世の中のトレンドが変わります。



そのため、人々は自然に「どんな時代なのか」「なにが主流なのか」と確認するのがクセになっています。



なので「時代」という言葉で主張を伝えることができます。



逆接を使う

もう一つの伝え方が逆接を使うという事です。



例えば、「新規事業を始める」というテーマで見ていきましょう。

今までは「新規事業を始めたいと思います。ポイントは3つあり・・・」

と続いていたと思いますが、逆接を使ってみましょう。






「新規事業を始めるべきです。

(A)確かに私たちの会社は新規事業に取り組んだ経験はありません。

(B)しかし、新規事業を立ち上げる事でこれまでの経験を生かせます。

また、収益増加にも見通せます。ぜひ挑戦しましょう。」





新しいことを始めるとなるとマイナスの要素を思い浮かべてしまいます。





ただ、この逆説「しかし」や「挑戦」という言葉を使う事で

自然な流れで説明ができるのでマイナスの壁を取り除くことができます。







他にもこんな最強な言い回しも!

結論、相手にどう伝えるかは伝える内容にもよりますが

言い回しでほぼほぼ決まると思っています。





営業をしている僕でもクロージングする時は人によって言い回しを変えます。

相手があまり聞いたことのないような言葉且つ、相手に良く刺さる言い回し

を意識しています。





「〇〇から〇〇へ」という言い回し方があります。

説明をする前に「〇〇から〇〇へ」と考えています。理由は・・・

っと続ける方法です。





このように言うことで、「あ、過去から未来へ動くんだな」

と順序が頭に入ってくる事により、話が伝わりやすくなります。






最後に

伝え方は様々あります。ただ、よくビジネスで使われている言い回しは

みんな耳にタコだと思います。





時代とともに言い回しを変えていき、自分なりの「伝え方」で

短くより正確に伝える訓練をしていく事が重要ではないでしょうか。






いかがだったでしょうか。

今回は以上になります。

また次回もお楽しみに〜

またに〜☆

END


〇〇世代まとめ!あなたは何世代?


今日も元気になべっちです!!

さて今日は〇〇世代についてまとめていこうと思います!!

ではレッツラゴー!!

世代(Generation)

さて世代についてですが、「X世代」「ミレニアル世代」「Z世代」なんて言葉をスマホで見かけたりしたことはありませんか?

みんながみんな当てはまるわけではありませんが、それぞれの世代にはそれぞれ特徴や考えがあります。

その特徴や考えを知っていると少しは楽にお話しなど出来るかもしれませんね!

世代の種類

以下は米国で生まれた世代の呼び方です。

・サイレント

74歳〜91歳

・Baby boomers(ベビーブーム世代)

55歳〜73歳

・Generation X(X世代)

39歳〜54歳

・Generation Y(Y世代)

(ミレニアル世代ともいう)

23歳〜38歳

・Generation Z(Z世代)

〜22歳

以上5つの世代から成り立っている。サイレントはご高齢であるため除いた4つの世代を順番にみていきたいと思います。

ベビーブーム世代

定義

1945年〜1964年頃に生じた「第一次ベビーブーム」に生まれた人を指します。日本では「団塊(だんかい)の世代」と呼ばれています。厚生労働省によると、3年間の出生率はおよそ800万人となっており、他の世代と比べても多いです。

特徴

ライフスタイルは終戦後から高度経済成長期の価値観が基盤になっています。

家庭の生活では「性別役割分業論」の影響が強く、「男は仕事、女は家庭」という認識が一般的でした。そのため共働き夫婦は少なく、女性は結婚を機に退職し、専業主婦になる人がほとんどでした。

また、団塊の世代が10代、20代を迎えた頃は日本の高度経済成長と重なり「金の卵」とも呼ばれていました。企業からは歓迎され、「金の卵」を中心に地方から都市部に上京し始めました。やがて都市部の人口集中が進んだのもこの世代です。

また、高度経済成長期には家電製品が普及した時期でもあり、その影響で購買意欲が高いです。人数も多いことから「大量消費社会」となり日本の経済を後押しした世代でもあります。

団塊の世代はめんどくさい?

年下の世代からは忌避されることがあると思います。僕もそのうちの一人です。それはなぜなのか。考えた時に封建的な考えと自己主張が強い点だと思っています。

戦争を経験している世代でもあり、上下関係に厳しい方も多く、下の世代から「横暴だ」と受け取られることもあると思われます。

激しい戦争を経験している人もいる中で周囲に埋もれないために、自己主張が強い人が多いのも特徴の一つでしょう。

X世代

定義

1965年〜1970年頃に生まれた方があたります。ベビーブーマーの後続世代でもあり、冷戦を経験している世代です。比較的、政治や社会に対して冷めている傾向があると言われています。

漫画やゲームに慣れ親しんだ世代でもあり、子育てをしながら一緒に漫画やゲームなどを楽しむ子供のような一面を持っているユニークな世代とも言われています。

特徴

人生において仕事もステータスも重要な地位を占めるが、家族や友人との時間を大切に過ごす傾向が強い。また、SNSなど流行っているものは取り入れようと頑張る傾向が強い。

バブル崩壊や就職難を味わっているためか、ブランドにあまり興味がない方が多い傾向にあるようです。

Y世代(ミレニアル世代)

定義

1980年代〜1995年頃に生まれた方です。Y世代とも呼ばれています。また、Y世代とZ世代を合わせてミレニアル世代と呼ぶこともあるようです。

特徴

ミレニアル世代が生まれた時にはインターネットやパソコン、スマートフォンが身近にあった世代です。そのためデジタルネイティブ世代でもあります。

インターネットを通じて様々な価値観に触れてきたためか、他者の価値観を受け入れやすく、仲間の繋がりを大切にします。

モノよりコトを消費する傾向にあります。

ルームシェアやカーシェアなど他の人と共有するシェアリングエコノミーなど、ネットフリックスやApple musicなどサブスクリプションサービスを活用する傾向が強いようです。

これは前の世代と比べ収入が減ったことで高価なモノを所有することが難しくなったといえるでしょう。

WEBから購入したり、共感することや拡散で購入することが多いです。また、健康意識が高く、「簡単に栄養豊富な食事が取れる」として自炊よりデリバリーを頼む傾向が強いです。

また、副業やスキルアップの意欲が高いのもこの世代であり、フリーランスとして独立する傾向があるのも特徴です。

Z世代

定義

1995年以降に生まれた方です。元々はミレニアル世代の中で一括りにされていました。が、研究が進むにつれて他の世代と嗜好性などが大きく異なると考えられるようになりました。その結果、ミレニアル世代の中でも特徴的な要素が見受けられた1990年代後半生まれの世代を新しくZ世代と区別されました。

特徴

インターネットを使ったオーディエンスの増幅、情報取得能力が極めて高いです。タイミングとセグメンテーションに非常に敏感です。

そのため、各々が拡散力を持つインフルエンサーになる可能性が高いと言われてます。

まさに高い能力を備えた、希望の星のような存在です。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分はY世代に当たりますが、Z世代はつくづく凄いなと思います。インターネットを使って何でも出来てるじゃないか!と。(笑)

また、今回書いたのは日本の世代ですが、アメリカと比較した世代では特徴が違うので調べてみても面白いかもしれません。いずれ記事に書こうと思ってます。(笑)

僕もZ世代に負けないように情報収集したり高い能力を持っていけたらなぁと思います。

では今回はこの辺りで〜

またお会いしましょう!またに〜☆

END