モバイル決済はもう古い!?


こんにちは!今日も元気になべっちです!

最近お昼はペペロンチーノです。ファミマのペペロンチーノが堪らんおいしいです😋




今日は最近話題中の話題のモバイル決済について!!!じゃなく、その先のモバイルオーダーについて書いていこうと思います😇





さてさて、モバイル決済が浸透する中、新たなソリューションが広がり始めているようです。🙂





それが「モバイルオーダー」です!





消費者がテイクアウトしたいメニューをスマホで事前に注文して決済すれば、指定した時間に店舗でスムーズに品物を受け取ることができるというサービスです。






そのシステム構築のためのソリューション提供をするのは楽天です。2019年12月から東京都内にある上島珈琲店の一部店舗などで提供が始まっています。


モバイルオーダーは、アメリカではすでに小売業や飲食業など実店舗を運営する大手各社が導入されています。







目次


  • 注文から受け取りまでの待ち時間を解消
  • 商品購入までの流れ
  • モバイルオーダーは小売・外食の新しいバリューに 
  • 不満解消
  • この先「買い物」はどう変わるのでしょうか
  • 今後







注文から受け取りまでの待ち時間を解消


今回、事前注文・決済サービスのソリューション「Rakuten Ready」が始まりました。このモバイルオーダーでは、消費者が注文してから商品をピックアップするまで、どのような流れになるのでしょうか。




サービスモデルは“ホワイトレーベル”というものです。




モバイルオーダーを利用する消費者は、各社が運営するアプリや自社サイトから近くの店舗で受け取りたい商品を注文します。



楽天はそうしたアプリやサイトを展開するクライアント企業に対して、システム構築のためのソリューションを提供しています。





商品購入までの流れ


2019年12月から、上島珈琲店の都内4店舗と、とんかつ専門店「とんかつおりべ浅草店」でモバイルオーダーサービスの提供が始まりました。
注文から商品ピックアップまでの基本的な流れとしては、注文する商品と受け取り店舗、日時を入力して商品をカートに入れます。




注文内容を確認してスマホ上で決済をすると注文が完了します。


注文が完了すると、店舗側の端末には消費者の注文IDと受け取り時間、注文された商品などの情報が表示されます。



店舗では、受け取り時間に合わせて商品の準備を始め、店舗に受け取りに来た消費者に、できたての商品をスムーズに提供します。



以上のような流れになります。決済は注文段階ですでに完了していますから、消費者は店舗に立ち寄って商品をピックアップするだけでいいわけです。







2020年のスマホ大予想してみた!


こんにちは!今日も元気になべっちです!!☺️




今日はズバリ2020年大予想☆携帯発売☆☆☆
ええ、携帯業界に勤めてる僕が!!!ドコモに絞って発売時期を大予想しちゃおうのコーナー!!




なんでドコモなん?って思ったあなた!そこはシークレットモードで㊙️笑

ではいってみよう☆


目次

  • 機種(Android)
  • 〇〇モデル
  • 機種(iPhone)春モデル
  • 容量
  • 価格
  • 機種(iPhone)秋モデル
  • まとめ




機種(Android)


まず、ドコモの機種ですが、
代表的な機種ですとXperia5、GalaxyS10+、 GalaxyA20、AQUOS sense3などです。



僕の感覚ですが、SONY(Xperia)のお値段が安価な機種(メモリやカメラの機能を比較的抑えている機種)、高価な機種(カメラの機能、中のメモリが優れている)の2種であり、その他のメーカーも安価、高価でそれぞれ2種ずつ出ている感覚です。サムスン(Galaxy)、シャープ(AQUOS)、が代表的な感じがします。富士通(arrows)だけ安価な機種の1種類だけ、、、という感じです😇



あとは画面を大きくしました!みたいなのでたまに販売されますがそれは例外として置いておきます。笑



〇〇モデル

ドコモでは〇〇モデルが有名です。これはAndroidのみになります。iPhoneは後ほどご紹介します。



今は2019-20秋冬モデルが出てます!



そしてこれから春にかけ
2020春夏モデル

2020夏モデル 👈ここで5G対応スマホ登場か!?

20-21秋冬モデル 



という感じで販売されていくと予想されます!
ただ、春夏と夏モデルは被っていることが多かったり、夏と秋冬モデルもかぶっていたりすることもあります!



1つ言えるのは秋冬と夏モデルがかぶる事がほとんどないので、年間で2回新機種が発売されるというイメージでしょうか。
なので、多ければXperiaの安価と高価で年間2回の新機種発売なので4台の新機種が生まれる感じです!
ただ、あくまでも予想なのでこれよりも少ない販売台数というのも充分にあり得ます。可能性としてはメーカー1つにつき年間で4台が妥当かなという感じです。



ただ富士通はなぜか少ないイメージなので、、年間で新機種が出て2台くらいではないでしょうか、、、笑
ひどければ来年の冬まで今の機種ね!ということも充分あり得ます。。富士通様だけはなぜか、なぜか少ないです、、、😅