モバイル決済はもう古い!?


こんにちは!今日も元気になべっちです!

最近お昼はペペロンチーノです。ファミマのペペロンチーノが堪らんおいしいです😋




今日は最近話題中の話題のモバイル決済について!!!じゃなく、その先のモバイルオーダーについて書いていこうと思います😇





さてさて、モバイル決済が浸透する中、新たなソリューションが広がり始めているようです。🙂





それが「モバイルオーダー」です!





消費者がテイクアウトしたいメニューをスマホで事前に注文して決済すれば、指定した時間に店舗でスムーズに品物を受け取ることができるというサービスです。






そのシステム構築のためのソリューション提供をするのは楽天です。2019年12月から東京都内にある上島珈琲店の一部店舗などで提供が始まっています。


モバイルオーダーは、アメリカではすでに小売業や飲食業など実店舗を運営する大手各社が導入されています。







目次


  • 注文から受け取りまでの待ち時間を解消
  • 商品購入までの流れ
  • モバイルオーダーは小売・外食の新しいバリューに 
  • 不満解消
  • この先「買い物」はどう変わるのでしょうか
  • 今後







注文から受け取りまでの待ち時間を解消


今回、事前注文・決済サービスのソリューション「Rakuten Ready」が始まりました。このモバイルオーダーでは、消費者が注文してから商品をピックアップするまで、どのような流れになるのでしょうか。




サービスモデルは“ホワイトレーベル”というものです。




モバイルオーダーを利用する消費者は、各社が運営するアプリや自社サイトから近くの店舗で受け取りたい商品を注文します。



楽天はそうしたアプリやサイトを展開するクライアント企業に対して、システム構築のためのソリューションを提供しています。





商品購入までの流れ


2019年12月から、上島珈琲店の都内4店舗と、とんかつ専門店「とんかつおりべ浅草店」でモバイルオーダーサービスの提供が始まりました。
注文から商品ピックアップまでの基本的な流れとしては、注文する商品と受け取り店舗、日時を入力して商品をカートに入れます。




注文内容を確認してスマホ上で決済をすると注文が完了します。


注文が完了すると、店舗側の端末には消費者の注文IDと受け取り時間、注文された商品などの情報が表示されます。



店舗では、受け取り時間に合わせて商品の準備を始め、店舗に受け取りに来た消費者に、できたての商品をスムーズに提供します。



以上のような流れになります。決済は注文段階ですでに完了していますから、消費者は店舗に立ち寄って商品をピックアップするだけでいいわけです。







料金プラン#1(ドコモ編)


こんにちは!今日も元気になべっちです!!さてさて今日は4回に分けて携帯会社の料金比較をしようと思います。


2019年6月に新料金プランがスタートし、約4ヶ月後の

2019年の10月から総務省の発言により、新料金プランは変更になりました。新料金プラン・改みたいな感じですね。笑


このような背景から携帯の料金はコロコロ変動します。現状の携帯料金プランをどどんっと紹介していこうと思います。



流れとしてはこんな感じで進めようと思います↓↓(ブログは4回に分けます)

  1. docomoの料金プラン
  2. auの料金プラン
  3. SoftBankの料金プラン
  4. 大手3大キャリア比較

ちなみに比較対象は3大キャリアです。格安を入れるのは料金体系が違うのとそもそも電波を借りているという点から、今回は比較対象に入れていません。あとスマートフォンの料金プランの比較になります。



それではいってみよ☆

目次

  • 基本料金
  • ①通信のプラン
  • ②通話のオプション
  • ③補償などのオプション
  • 機種代金
  • キャンペーン
  • まとめ




基本料金

まずは基本料金について見ていこうと思います。基本料金とは毎月かかる携帯料金(端末代金、携帯などのオプションを除いた)ランニングコストになります。



基本料金とは、①通信のプラン+②通話のオプションです。ここに携帯補償を付けたり、分割で機種を購入すると料金が上がっていきます。



⚠️ちなみに以下①通信のプランに関してはご家族さんにドコモ回線が3回線以上お使いの場合で出してます。もし、おひとりで使う場合は表記している料金に+1,000円/月、おふたりの場合は+500円/月して下さい。



①通信のプラン

・ギガライト

・ギガホ

ドコモの通信はこの2択です。とってもシンプルです。




・ギガライト

  • ~1GB 1,980円/月
  • ~3GB 2,980円/月
  • ~5GB 3,980円/月
  • ~7GB 4,980円/月


ギガライトは1ヶ月の使った通信のギガ数に応じて料金が変動型となります。(例)1月0.5GB使いました。→ 〜1GBになりますで1月は1,980円となります。そして2月になるとまた0GBからスタートし、使ったギガ数に応じて料金が確定し、翌月にお支払いとなります。


⚠️例えば3GBまでしか使いたくないから3GBまでで止めて!ということが出来ません。ただ、次の料金になる時にドコモメール宛にメールが届くようにはなっています。そのため、GBは完全にお客様管理になります。ちなみに、7GBに達した場合は通信速度が遅くなるだけで(最大128kbps)追加料金は発生しません。




・ギガホ

  • 30GBまで 5,980円/月



ギガホは1ヶ月で30GBまで使えます。しかも30GBに達しても最大1Mbpsという速度で通信するため、画像や動画は荒い状態ですが読み込むことができます。





②通話のオプション

こちらのオプションも2つです。



・かけ放題オプション +1,700円/月

・5分通話無料オプション +700円/月(5分超えた通話は30秒/20円です)




③補償などのオプション

こちらは任意の携帯補償や映像系などのドコモのサービスです。今回映像系のサービスは割愛してます。


転職するメリット、デメリット


今日は人生の体験談のコーナーです!!あ、こんにちはなべっちです!

最近、「なべっちらしいアイコン」を描いてもらいました。そしてページのトップにも貼ってるのですがこちらのアイコン!めっちゃ可愛くてお気に入りです(笑)

ほんと僕そっくりで可愛い。え。笑

今日は僕の人生の中でも転職をテーマに書いていこうと思います。

いきなり真面目やな、おい!笑

転職の決意

2020年の4月で僕は社会人3年目がスタートするのですが、既に転職を1回経験してます。

なぜか。

それは単純に職場の上司が嫌だったからです。

当時、携帯業界で働いている時です。特に僕に対して威圧的な態度をとってくるとかではなかったのですが、お客様の悪口をバックヤードで喋っていたりしたのでその環境に我慢出来なくなったという感じです。

他の人は普通な顔して働いてましたが、僕からすれば土地勘狂った人間しかいない。そんな感じでした。このままでは僕も染まってしまう!と思ったので早急に辞めました。

そして上司には今の仕事が合わないです。やっていけません。と言い入社2ヶ月で退社しました。

その時、上司からは次の会社でもそう言ってすぐ辞めるぞと言われました。ただ僕は気にしていませんでした。

「僕は次の会社で働き続けるつもりだし、第一に僕がすぐ辞める人間と勝手に決めつけるなよ」っと内心思ってました。

そして同じ携帯業界に転職しました。

いやいや、どんだけ携帯好きやねーんっとツッコミたくもなると思います。笑

ただ、僕は諦めてなかったです。絶対に自分にならお客様に商品の価値を伝えれる自信しかなかったです。なのでもう一回、携帯業界で働きたいと思いました。

転職してからはずっと今の会社で働いてます。もう1年半ほど経ちますが今の環境が嫌と思ったことは1回もないです。上司と意見が合わず噛みついたことは何回かありますが。笑

何で携帯業界なの?

これから5Gになったり、生活において欠かせない存在のスマートフォンだからこそ最先端を進むのでは?と思い最先端で働きたいと思ったからです。

最先端の情報に触れることでこれからこんなサービス始まるんだな、じゃあ次はこれしたいな!これってこういうこと!?とか自問自答出来るので考え方の幅が広がるような感じがしてます。

また、延々とパソコンを打っているようなルーティンワークは嫌いだったので携帯業界の場合、変化が激しいのでそのようなことがないという点も僕の就活をする上で決め手でした。

どんな変化があるの?

変化が激しいと先ほどお伝えしましたが、変化というのは主にキャンペーンの内容です。例えば今の時期でしたら学割や学割や学割ですね!

学割しかないやん!!ってツッコミたくなりました( ◠‿◠ )笑

主に学割であったり、端末代金引きます、オプションプレゼントです、とかですかね!!

そのキャンペーンを漏れなく案内しないといけないのでそのような点で変化があると言っても良い業界だと思います。

転職のメリット・デメリット

メリット

  1. ストレスから解放される
  2. 新しいキャリアを進める
  3. 収入が増える可能性がある
  4. 新しい人間関係の構築
  5. 視野が広がる

1.ストレスから解放される

仕事の中でストレスに感じていることから解放されます。例えば上司や仕事の内容、どうしても物理的に解決できない事から解放され、ストレスを感じることは無くなるでしょう!

2.新しいキャリアを進める

現在働いている職業を続けるのもよし、辞めて違う道に進むこともできます。新しい道を選択する場合、新しいキャリアを進む事ができるでしょう。

3.収入が増える可能性がある

新しい職場では今の給料の1.2倍!なんてこともあるみたいです。特に専門性の高い分野では結果が全てのところが多いと思われます。既に結果を残している方でしたら次の転職先でもお給料に色付けして増えるってこともあるみたいです。そこは正直、面談での交渉力にかかっているかと思います。

4.新しい人間関係の構築

もちろん転職先にも人が居て働いています。そこで出会った人が自分の運命の人になったり、尊敬できる先輩であったりと新しく人間関係が構築されるでしょう。そしてその先には必ず学びがあり、自分の人生の糧にできると思います。

5.視野が広がる

同じ業種から同じ業種の場合でも違う業種に転職した場合でも、出会う人によって考え方や学びを得ることができるでしょう。その得た考え方、学びでより深く考える事ができ結果、視野が広がる可能性があります。

デメリット

  1. お金がなくなる
  2. 退職金が減る可能性がある
  3. 人間関係や職場の環境に慣れるのに時間がかかる
  4. 問題が解決されない場合がある

1.お金がなくなる

転職だけでなく、就活もそうですが新しい会社を受けるにはお金がかかります。歩いて行けます、自転車で行ける距離ですっという方は問題ないですが電車で面談行きます、車で行きますとなるとやはりお金がかかります。

また、転職や就活の間はなかなかアルバイトが出来なかったりもするので収入が滞る状態になります。なので一時的に貯金がマイナスになる可能性があります。

2.退職金が減る可能性がある

中途入社になればそこからスタートになるので30歳や40歳で転職すると退職する時に少ない!という恐れがあります。

3.人間関係や職場の環境に慣れるのに時間がかかる

もちろん転職すると1からのスタートになるので人間関係も1からです。また、通勤や仕事の環境も変わるため初めは慣れないことばかりで時間がかかるかもしれません。

4.問題が解決されない場合がある

人間関係、給料、朝起きる時間など何か問題があって転職をしても転職先でも同じ問題が発生し解決してないじゃん!ってこともあると思います。

まとめ

働いていて1つや2つくらい嫌なこと、めんどくさいなって思うことはあると思います。そこは考え方や相談するとかでも解決できる内容であれば解決すれば良いと思います。が、物理的にどうにもならない!このままでは自分がおかしくなりそう!自分が言えることは言ったけど改善しなくて潰れそう悔いはない!と思うのであれば早急に退職願いを出しましょう。

会社は世の中にたくさんあります。自分が潰れる前に転職しましょう。そしてもし友達が転職しようとしていたら理由を聞いて納得したらソッと背中を押してあげましょう。たまに休みなさ過ぎてしんどいから会社辞めるみたいなよう分からん理由で転職する人もいるのでその人には、背中ではなくお腹を押してあげましょう!!笑

以上です!いかがだったでしょうか!

では今日はこのあたりで〜

またに〜☆

END