記憶力の高め方


こんにちは!今日も元気になべっちです!



最近「Hey!Siri!」をよく使っています。声かけるだけで音楽をかけてくれたりするのでとても便利です。😀




さて今日は勉強であったり、仕事で役に立つ記憶力を高める方法について書いていこうと思います。では本文レッツゴー!




目次


  • 1.人は1日で記憶の70%を忘れる
  • 2.記憶力を高めるために
  • 3.自分に合った記憶法の見つけ方
  • 4.ペグ法
  • 5.言葉から記憶する方法
  • 6.その他の記憶方法
  • 7.長期記憶
  • 8.最後に



人は1日で記憶の70%を忘れる


人間の記憶力について有名な実験があります。

心理学者のヘルマン・エビングハウスが行った実験です。




規則性のない3つのアルファベットの羅列20パターンを被験者に記憶させておき、時間の経過とともにどれだけ思い出せるか実験をしました。




その結果、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1ヶ月後には79%を忘れていました。




ちなみにこのデータを分析しグラフにしたものが「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれています。




記憶力を高めるために

記憶力を高めるためには映像を見る、文章を書く、音で聴く、声に出すなど様々な方法がありますが、どれが自分に合っているのか模索しながら最適な方法を見つけれるヒントになればと思います。





自分に合った記憶法の見つけ方




①ペグ法

②言葉から記憶する方法




大きく分けて2つの方法があります。例えば家にあるボールペンの場所をイメージしてみてください。



今パッとボールペンの場所がイメージできた人はイメージで記憶している可能性が高いので①のペグ法が向いています。





一方、場所をイメージできなかった人は頭の中でロールプレイング(以下、ロープレ)をしたり、音を聞いたりする記憶法の②が向いています。



※あくまでも可能性の話なのでイメージできたけど②の覚え方の方がいい!って方もいらっしゃると思います。