有意注意


こんにちは!なべっちです!

半月ぶりでしょうか。。笑




少し投資にハマってブログ放置

してました。すみません(^◇^;)

最近の出来事として

車のタイヤがパンクと

ボディにいつの間にか傷

がついており、少しショックです。

とほほ。。。

さ、気を取り直して今日の

ブログいきましょう!




今日は「有意注意」(ゆういちゅうい)

について書いていきたいと

思います。



皆さんは聞いたことありますか。

僕は最近知りました。

そして成功するために

必要な3つの中に入っていること

も最近知りました。。



あの有名なウォーレン・バフェット

さんやビル・ゲイツさんも

「注意」は大切だとおっしゃってます。



そして大切な3つは

「時間」「お金」「注意」

だそうです。

今回は「注意」について書いて

いきます。気になる方は「時間」

や「お金」についても調べてみてください。




「注意」は注意でも

「無意注意」と「有意注意」があります。




「無意注意」

何も意識しなくても無意識

で行なってなること。



例えば車の例で例えると、

細い道を通る時、最初は

「ぶつかるかも知れない」

「人が飛び出してくるかも」

と注意を払っていたところが、

慣れてくると、「これくらい

スピードを出しても大丈夫」

とスピードを出し、飛び出してきた

人に気づくのが遅くブレーキを

かけても間に合わない。

と言った感じが無意注意です。




慣れてくると注意が薄れて

無意識になります。

無意識の注意とも呼ばれています。





「有意注意」

後ろから人の気配に気づかず

物音が聞こえて振り返るように

無意注意は無防備です。




それに対して有意注意は

「この角から人が飛び出してくるかも」

「もしかしたらこのままだと失敗するのでは」

など事前に予防線を貼ることです。

こうすることで唐突のトラブルを

回避することができます。




プライベートでもビジネスの場に

おいても最悪の事態を考えて物事を

予測することは大切です。



起こる全てのアクシデントに対し

どれだけリスクヘッジができるか。

常に考えて行動している人とそうでない

人では天と地の差くらいはあると

思っていた方がいいでしょう。




僕は車を普段運転しますが、

去年の10月から本格的に乗り始めたので

まだペーペーです。笑

そして最近ようやく慣れてきました

が僕の頭に

「初心忘れべからず」

と叩き込んでいます。

右折、左折する時の確認、

横断歩道が赤でも渡る人がいるかも。

運転に疲れたら無理せず休憩する。

など教習所で教わったこと

や自分で学んだ教訓

を元に安全運転をしています。




ビジネスの場においても

一回行ったことでも、もしかしたら

これは最善ではないかもしれない。

そして後々、アクシデントが起きそう。

もし起きたらこんな感じで対処しよう。

などと考えています。



一番はアクシデントが起きないこと

がベストですが、ビジネスの現場

では何が起こるかわかりません。

そして起きたアクシデントをどれだけ

早く対処するかが鍵を握ります。

僕が常に意識しているのが

「最悪の事態は」

ということを意識しています。

アクシデントが起こらなければ

ラッキー程度に考えています。




いかがだったでしょうか。

また次回もお楽しみに★

またに〜☆

END