安くiPhone・iPadを購入する方法3選


こんにちは!今日も元気になべっちです!!



歯磨きは必ず10分以上磨くことを習慣にしています。



さて本題にいきましょう!

今日はズバリiPhoneを安く買う講座です🙋‍♂️ではどうぞ!




目次


  • はじめに
  • 1. Apple Storeのキャリア契約がお得
  • 2. 決済サービスのキャリアキャンペーンや家電量販店での購入
  • 3. iPadの場合は「認定整備品」がお得
  • 最後に






はじめに

一般的に4月に新年度を迎える日本では、1月から3月が携帯電話市場で最大の商戦期になります。新生活を迎えるにあたり、学生が新たに携帯電話を持ったり、新社会人が端末を新しくしたりといったことが多いです。学生やフレッシュマンをターゲットにした学割サービスが前年の12月ぐらいから始まるのも、そのためでもあります。この時期にiPhoneを買い替えようと思っている人も多いと思います。





ところが、今年の春商戦は例年と大きく様相が異なっています。2019年10月1日に施行された改正電気通信事業法によって、スマートフォンへの端末購入補助が大きく制限されました。



通信契約を伴う場合の割引は2万円までと定められるのと同時に、端末購入補助を禁止する分離プランが大手キャリアに義務づけられました。結果、見かけ上の端末価格は大きく上がりました。iPhoneも例外ではなく、大手キャリアではiPhone 11が8万円台後半から、iPhone 11 Proに至っては12万円を超えています。





では、iPhoneを安く買う手段が完全になくなったかというと、必ずしもそうではないです。以前のように、番号ポータビリティ(MNP)を使うとキャッシュバックまでもらえるといった売り方は静まりましたが、ある程度端末代を節約する手はあります。今日は春商戦に向け、iPhoneやiPadを割安に入手する裏技を紹介していこうと思います。






1. Apple Storeのキャリア契約がお得

iPhoneの価格は店舗や取り扱うキャリアによって異なりますが、一般的にアップルが直接運営するApple Storeのほうが割安です。例えば、iPhone 11の64GBの場合、ドコモが8万7120円、auが9万720円、ソフトバンクが8万9280円なのに対し、アップルでの価格は8万2280円。



5000円から8000円程度、キャリアが販売しているiPhoneは高いことがわかります。金額は異なりますが、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxも同様です。







そうは言っても、アップルではSIMフリー版しか買えないのでは……と思っている方もいるでしょう。機種変更のついでに料金プランを変更したり、キャリアの用意する手厚い補償サービスに入りたいという理由で、キャリア版を選ぶ方は多いです。



機種変更などが条件のキャンペーンも、端末を単体で購入するSIMフリー版のiPhoneには適用されません。





ところが、Apple Storeでも、キャリアの契約手続きをすることができます。Apple Storeが各キャリアと代理店契約を結んでいるため、キャリアショップに近い手続きが可能です。料金プランや補償サービスなどもその場で申し込むことができます。





キャリア契約をすると、SIMロックがかかってしまうのは難点ですが、SIMロックは一括払いであれば即時、分割払いであっても購入後101日目以降に解除可能です。この点も、キャリアショップで購入するのと変わりはないです。




現在、Apple Storeでは、キャリアの契約を結ぶことで割引を受けられるキャンペーンが実施されています。対象になるのはiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3機種。




iPhone 11の64GBの場合で7万3480円になり、SIMフリー版の価格と比べると、9000円ほどお安くなります。iPhone 11の販売価格が最も高いauとの比較では、約1万7000円もお安くなっています。オンラインのApple Storeは対象外で、店舗のみのキャンペーンですが、番号ポータビリティの利用などの面倒な条件はないので気軽に利用できると思います。






料金プラン#1(ドコモ編)


こんにちは!今日も元気になべっちです!!さてさて今日は4回に分けて携帯会社の料金比較をしようと思います。


2019年6月に新料金プランがスタートし、約4ヶ月後の

2019年の10月から総務省の発言により、新料金プランは変更になりました。新料金プラン・改みたいな感じですね。笑


このような背景から携帯の料金はコロコロ変動します。現状の携帯料金プランをどどんっと紹介していこうと思います。



流れとしてはこんな感じで進めようと思います↓↓(ブログは4回に分けます)

  1. docomoの料金プラン
  2. auの料金プラン
  3. SoftBankの料金プラン
  4. 大手3大キャリア比較

ちなみに比較対象は3大キャリアです。格安を入れるのは料金体系が違うのとそもそも電波を借りているという点から、今回は比較対象に入れていません。あとスマートフォンの料金プランの比較になります。



それではいってみよ☆

目次

  • 基本料金
  • ①通信のプラン
  • ②通話のオプション
  • ③補償などのオプション
  • 機種代金
  • キャンペーン
  • まとめ




基本料金

まずは基本料金について見ていこうと思います。基本料金とは毎月かかる携帯料金(端末代金、携帯などのオプションを除いた)ランニングコストになります。



基本料金とは、①通信のプラン+②通話のオプションです。ここに携帯補償を付けたり、分割で機種を購入すると料金が上がっていきます。



⚠️ちなみに以下①通信のプランに関してはご家族さんにドコモ回線が3回線以上お使いの場合で出してます。もし、おひとりで使う場合は表記している料金に+1,000円/月、おふたりの場合は+500円/月して下さい。



①通信のプラン

・ギガライト

・ギガホ

ドコモの通信はこの2択です。とってもシンプルです。




・ギガライト

  • ~1GB 1,980円/月
  • ~3GB 2,980円/月
  • ~5GB 3,980円/月
  • ~7GB 4,980円/月


ギガライトは1ヶ月の使った通信のギガ数に応じて料金が変動型となります。(例)1月0.5GB使いました。→ 〜1GBになりますで1月は1,980円となります。そして2月になるとまた0GBからスタートし、使ったギガ数に応じて料金が確定し、翌月にお支払いとなります。


⚠️例えば3GBまでしか使いたくないから3GBまでで止めて!ということが出来ません。ただ、次の料金になる時にドコモメール宛にメールが届くようにはなっています。そのため、GBは完全にお客様管理になります。ちなみに、7GBに達した場合は通信速度が遅くなるだけで(最大128kbps)追加料金は発生しません。




・ギガホ

  • 30GBまで 5,980円/月



ギガホは1ヶ月で30GBまで使えます。しかも30GBに達しても最大1Mbpsという速度で通信するため、画像や動画は荒い状態ですが読み込むことができます。





②通話のオプション

こちらのオプションも2つです。



・かけ放題オプション +1,700円/月

・5分通話無料オプション +700円/月(5分超えた通話は30秒/20円です)




③補償などのオプション

こちらは任意の携帯補償や映像系などのドコモのサービスです。今回映像系のサービスは割愛してます。


早くも6G登場か!?


今日も元気になべっちです!最近ポケモンにハマってます。笑

さてさて今日は巷で話題の5Gについて書いていこうと思います。5Gは次世代移動通信システムという意味合いをご存知の方が多いと思います。

 

そう!!正解です!笑

5Gとは・・・

携帯電話などに使われる超高速通信技術で、情報通信における遅れがほとんどなくなります。

実は、この5G技術に関しては米国ではなく中国が先端を走っています。 

米国は焦っているようで、すでに国を挙げて6G技術の開発に取り組み始めています。 

え、まだ5Gのサービスもまだなのにもう6Gの開発!?早くない!?
そうなんです、、早いんです! 

中国も国策として6G技術を行なっています。

ここでは5Gや6Gのビジネスにおける意義や6Gを巡る世界的な競争について解説していきたいと思います。 

そもそもなぜ5G・6Gなのか 。

5Gは次世代高速通信技術で、中国(50都市)や米国ではすでに普及が始まっています。

日本においては、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで初めて使用される予定で、その後全国に普及される予定です。

 

5Gの特徴は高速大容量、超低遅延、多数端末接続です。

例えば、携帯電話などにおけるストリーム配信での遅れがほとんど無くなります。 

しかし、携帯電話を利用する多くの人には4Gや3Gでほとんど問題ないでしょう。 

5Gは、むしろビジネスや産業分野において重要な役割を果たすと期待されています。 

例えば、5GはIoTや自動運転技術で活用することができます。 

IoT(Internet of Things)は、インターネットを経由した統合システムです。

工場にある組み立て用の各種機械を全てインターネットに繋げて、各々の機械から得られた情報はクラウド上に集積され、一元的に管理されるというシステムです。 

集積されたビッグデータは、リアルタイムでAI(人工知能)により処理・分析され、工場あるいは製造現場を最適化することができます。 

実際に、自動車組立工場などでIoTシステムは使用されています。 

今後もIoTシステムは進化し様々なところで使用されるようになると考えられていますが、システムが複雑化すると5Gの大容量かつ高速の通信技術が必要となってきます。 

5Gの課題 「吸水減衰性が大きい」

実は、5Gの電波が届く範囲は狭く、吸収減衰性が大きいために建物の壁などで減衰してしまうという欠点があり、スモールセル(小型基地局)を多数設置する必要があります。 

多数のスモールセルを設置するとなると、その分コストが上がってしまいます。 

つまり、局所的に利用できますが、広域的利用にはまだ課題が残されています。 

少なくとも6Gが利用可能になるまでこの問題は解決されると考えられる。

5Gについて中国が米国を抜いた

5G製品の製造に欠かせない標準必須特許(SEP)の出願数は、中国企業が最も多くなっています。 

IPlythics Platform社のデータによれば(2019年11月)、特許出願数が最も多い企業は中国のファーウェイです。 

次いで、2位サムソン(韓国)、3位LGエレクトロニクス(韓国)、4位ノキア(フィンランド)、5位ZTE(中国)です。

 

特許の認可数はサムソンが最も多いのですが、認可には時間がかかるので、数年で認可数の順位は変わると思われます。 

ただ、ベスト5には米国の企業は入っていないので、中国は5G技術に関しては米国より優位に立っています。 

すでに6G技術開発競争が始まっている

米国は焦っているようで、5Gが普及する前に6G技術開発への取り組みをすでに始めています。 

中国も国を挙げての6G技術開発を開始しました。 

米中以外でもフィンランドや韓国でも6G技術開発が進められています。

 

やはり、6Gは5Gよりもさらに低遅延で高速大容量となることが期待されており、この段階になるとバーチャル世界と現実世界がミックスされた世界が可能になってくるのではないかと予測されています。 

以下に各国の取り組みを紹介します。 

米国

トランプ大統領がツイッターで5Gだけでなく、6G技術開発が早急に必要だと述べました。

一方で、米国は技術開発のために、95ギガHzから3テラHzの周波数帯をオープンにする予定です。 

中国

2019年11月6日に6G技術開発に向けた調査研究を開始したことを発表しました。

そのための産学官連携チームが発足されました。 

フィンランド

2018年、オウル大学は6G技術開発のために6G Flagshipプログラムを立ち上げました。

このプログラムにおいては、6Gに必要なソフトウェア、ハード、通信技術などについて研究開発が行われています。 

韓国

サムソンとLGエレクトロニクスも6G技術開発をすでに始めています。

LGエレクトロニクスは国立大学KAISTで、6G研究のためにリサーチセンターを開設しました。 

まとめ

今後の次世代通信技術5Gと次々世代通信技術6G ですが、5Gについては普及が始まっており、特に産業界で広がっていくでしょう。
5Gに関して注目するべき業界は IoT・AIの業界なので、この関連銘柄には注目です。

次々世代通信技術6Gについては、米中だけでなく他の国も競争に加わっており、どの国がリードするのか不透明な状況です。

まだ、6Gについてはまだ定義がはっきりしていませんが、この数年のうちに研究が進んで明らかになってくるのではないでしょうか。

それでは今日はこの辺りで!
またお会いしましょう!!!

ーーーーーーーーーーENDーーーーーーーーー


おはつです!!


はじめまして!!!なべっちです!初めてのブログ投稿です!!

やっぱ最初は自己紹介からですね☺️

なんかめっちゃ緊張します。文字なのに緊張ってなんか変ですね。笑

それでは自己紹介いってみよう!!

自己紹介

24歳:♂:なべっち

・1995年 愛媛に生まれる。

・1999年〜2007年 親の転勤で神戸に住む。

・2007年〜2014年 親の転勤で愛媛に住む。

・2014年〜2019年 大学で京都に住む。夢の一人暮らし。

・2019年秋 京都に飽きて愛媛に戻る。

今まで頂いた賞✨

・京都スタッフ別コンテスト26位(2019年)

・キャッシュレス還元事業貢献 表彰(2020年)

今思うと結構あっち行ってこっち行ってしてますね(笑)

方言がぐちゃぐちゃで話してても変なイントネーションになるのが最近の悩みです。笑

ざっくりとこんな感じでしょうか。。。笑


趣味

こんな僕でも趣味が3つあります!!

映画

映画を見ることです!休日はほとんどAmazonプライムで映画を見てます。ジャンルは特に決まってなく、話題の映画をひたすら見てます^ ^

自分の感性を磨いてくれるようで時にはそんな考え方もあるのか!と思わせてくれる映画は僕にとって感慨深いです。


ラーメン

2つ目の趣味がラーメン巡りです!前までは京都に住んでいたので京都、大阪をメインでラーメン巡りをしていましたが、愛媛に帰ってからは愛媛県内のラーメンを巡ってます☺️

やはりラーメンは汁が美味しいのでコテコテな汁でも飲んでしまいます(笑)

読書

最後3つ目の趣味は読書です!こう見えても読書が好きです😇いやあんたの顔知らんけどって思いますよね(笑)気が向いたら顔出しします。笑

やはり読書は自分を次のステージに連れて行ってくれる魔法をかけてくれるような辞書ですね。


以上、ちょろっと今までの育った環境や趣味などをお伝えしました。

ところでこのブログはこれから何を書くの?

これからのこのブログの方向性としては携帯関係の情報、ビジネス関係、自分の人生で経験した体験談の3つのカテゴリに分けて書いていこと思ってます。そして知らなかった!得した!と思っていただければ幸いです。

携帯関係の情報

僕は携帯業界で働いているので携帯について(主に契約)ややこしいところや、ここは知っとかないと損する!という情報を伝えていけたらなと思っています。携帯の契約は結構ころころとプランやサービスが変わるのでいつの間にそんなのできたの!?っとなってからは遅いので出来るだけスピード感を持って記事作成出来たらと思います。

ビジネス関係

ビジネス関係に関しては職場で実際に役に立ちそうな内容、例えばマインドフルネスやリーダーに必要な心得であったり様々な場面を想定して発信できたらなと思っています。携帯関係の情報の次に優先度の高い記事になります。

体験談

ここの体験談においては自分の人生での経験、転職であったり、アムウ○イで騙された経験などを元に記事を書いていこうと思ってます。もしかしたら一番ここが知りたい人もいるかもしれませんが、3つのカテゴリの中で優先度は低めです。。笑

更新頻度

これから極力毎日、遅くても3日に1回程度の頻度でブログを更新していこうと思います。

まとめ

以上の3つのカテゴリから記事を書いていこうと思います。文字を大きくしたり、見出しを付けたり、カスタマイズは出来るだけ見やすいようにしていくつもりですが、下手くそで逆に見にくかったりした場合はいつでもご指摘して下さい。それでは今日はこの辺で!またに〜☆

END