米国、インスタ新規利用者減少


こんにちは!なべっちです!!

最近、インスタでラーメンの写真を眺めてヨダレをジュルリしてます🤤

さてさてそんなインスタですが、新規利用者減るということが米国では3年後には起こるといわれてます。





インスタグラムの米国の利用者数はここ数年、急速に伸びていましたが、そのトレンドも終了を迎えつつあります。




インスタグラムの利用者数の年間上昇率は昨年、初めて一桁台にまで低下し、今後の3年で2%以下になると、調査企業eMarketerは先日のレポートで発表しました。






フェイスブック傘下のインスタグラムはここ最近、アプリ内のEコマース機能を強化していますが、これは利用者数の減少に対応したものです。






2018年10月に、新たな責任者としてアダム・モッセーリを迎えたインスタグラムの2019年の広告売上は94億5000万ドル(約1036億円)でした。




前年度から52.9%の伸びだったとeMarketerは試算しています。




広告売上が伸びた一因は、インスタグラムが導入した新たな広告メニューにあります。


中でも力を発揮したのはショッパブル広告(shoppable ads)と呼ばれる新機能で、ユーザーらは広告からダイレクトにプロダクトを購入できるシステムです。



ただ、ショッパブル広告はまだ初期段階にあり、「広告主たちは広範囲な利用を決断するに至っていない」とeMarketerのDebra Aho Williamsonは分析しています。



「広告主はインスタグラム広告がブランドの認知度向上に役立つとみなしていますが、購入に関しては、その他のプラットフォームに依存している」と述べています。




eMarketerのレポートで、インスタグラムの2019年の利用者数の増加率は、前年の10.1%から6.7%に低下しました。




「この数値は、米国での利用者数の伸びが限界に近づきつつあることを示している」





2023年までに、インスタグラムが米国で新たに獲得する利用者数は、1310万人程度に留まるとeMarketerは予測しています。





今後もユーザー数の増加は続きますが、年齢の高い層の獲得率は以前の予想を下回り、年間成長率は2023年には2%以下になると同社は見込んでいます。





「高年齢層の米国人らは今でもフェイスブックに親しみを感じている。彼らはそこでのつながりに満足しており、新たなツールを求めてない。この層が主要なプラットフォームを乗り換える率は低い」

と分析しています。





ただ、ここで注目すべきは、インスタグラムは米国で2019年に25歳から34歳のミレニアル世代の利用者です。




ミレニアル世代が11.4%も伸ばしていたことです。しかし、アナリストは新興勢力のTikTokやスナップチャットがインスタグラムの売上を奪っていくと予想しています。




「スナップチャットは2019年にアンドロイドアプリの仕様変更や、新たなフィルターの投入によりユーザー数を伸ばした。


同社は新規ユーザーを獲得しただけでなく、休眠ユーザーたちも復活させた」と述べています。


eMarketerの推定では2020年のインスタグラムの広告収入は138億6000万ドルに達する見込みです。


これに対し、スナップチャットの売上を11億6000万ドルと同社は予測しています。



今回は以上になります。いかがだったでしょうか。

また次回もお楽しみに。またに〜☆

END


携帯ショップと家電量販店比較してみた!メリット・デメリット


こんにちは、今日も元気になべっちです!!!



最近仕事から帰って2〜3時間寝てます。暖房の効いた部屋で横になってゴロゴロしているといつの間にか寝てます。そしてこの時間が最高に気持ちいい睡眠です。笑


今日はふと携帯を買うならどこが良いの!?という事について疑問に思ったので書いていこうと思います。ショップと家電量販店(以下、量販店)スタッフを経験している僕が「ショップ、量販店、オンラインどこが良いの!?」ってことについて考えていこうと思います。




目次

  • ショップのメリットとデメリット
  • 量販店のメリット・デメリット
  • オンラインという選択肢
  • まとめ




結論から言うと、料金プランの変更を絡まない機種の変更、新規でのご契約だけの場合は量販店かオンラインでご購入する方がお得になる可能性が高いです。では、それぞれのメリット・デメリットをみていこうと思います!!






ショップのメリット・デメリット

メリット




・手続きが全て行える

必要な書類があれば料金プランの変更であったり、修理の受け付け、名義変更など細かい手続きが全て行えます。いろいろな手続きを一発で済ませたいのであればショップで済ませましょう!




・フィルムを貼ってもらえる

フィルムやケースの取り扱いはそのキャリアの正規品を取り扱っていることが多く、基本的にフィルムを貼ってもらえる事が多いです。量販店の場合はメーカーさんのフィルムしか置いてないので「フィルムはお客様ご自身でお願いします」「気泡が入っても問題ないということであればお貼りします」という店舗がほとんどです。しかもガラスタイプのフィルムであれば問題無いですが、指紋防止タイプの薄いフィルムは貼りにくいものがほとんどです。。。





・初心者に優しい

「初心者」というのは携帯に関する知識が全くない方という意味です。知識がない方でも歴の長いスタッフが多いのがショップの特徴でもあります。そのため手取り足取り教えてもらえます。もちろん始めてスマホ持ちますという方にもショップの方が優しいと思います。ドコモをはじめ最近では他のキャリアもスマホ教室をしているところもあるので使い方のアフターフォローは断然ショップの方が優れていると思います。





デメリット



・待ち時間が長い

最近では「来店の予約をしないと受け付けしないよ!」という店舗が増えてきてますが、中にはまだ「来店予約をしなくても受け付けできますよ!」という店舗もあります。その場合は順番にお手続きになりますので、スタッフの人数、お客様の人数、手続き内容によっては待ち時間が長くなる場合があります。もし、ショップに行く場合は店舗に確認してから行くのが良いでしょう。






・手続きの時間が長い

例えば、機種変更や料金プランの変更をしに行ったのにインターネットの話やクレジットカード、タブレットの話をされた!なんて経験は無いでしょうか。そう、お客様に全案内するのがショップのスタンスでもあります。その為、どうしても話が長くなり結果、手続きの時間が長い!と感じる場合もあるでしょう。そんな場合は「今日は時間がない」「特に考えてない」「必要ない」とスパッと断ることも大事です。そのまま目的もなく契約すると後から後悔するのは自分です。






・頭金がかかる

ショップにもよりますが契約時に5,000円から11,000円の頭金がかかります。機種代金を一括で購入する場合でも込みの場合が多いです。ここの割引は基本的にオプションの加入であったり、「今日これを契約で頭金なしにします」など様々だとは思います。ただ、政府から厳しく指導が入ってますのでそのような割引の仕方を行なっている店舗は少ないと思いますが。。。頭金の値引きはないと思っていた方が良いでしょう。