安くiPhone・iPadを購入する方法3選


こんにちは!今日も元気になべっちです!!



歯磨きは必ず10分以上磨くことを習慣にしています。



さて本題にいきましょう!

今日はズバリiPhoneを安く買う講座です🙋‍♂️ではどうぞ!




目次


  • はじめに
  • 1. Apple Storeのキャリア契約がお得
  • 2. 決済サービスのキャリアキャンペーンや家電量販店での購入
  • 3. iPadの場合は「認定整備品」がお得
  • 最後に






はじめに

一般的に4月に新年度を迎える日本では、1月から3月が携帯電話市場で最大の商戦期になります。新生活を迎えるにあたり、学生が新たに携帯電話を持ったり、新社会人が端末を新しくしたりといったことが多いです。学生やフレッシュマンをターゲットにした学割サービスが前年の12月ぐらいから始まるのも、そのためでもあります。この時期にiPhoneを買い替えようと思っている人も多いと思います。





ところが、今年の春商戦は例年と大きく様相が異なっています。2019年10月1日に施行された改正電気通信事業法によって、スマートフォンへの端末購入補助が大きく制限されました。



通信契約を伴う場合の割引は2万円までと定められるのと同時に、端末購入補助を禁止する分離プランが大手キャリアに義務づけられました。結果、見かけ上の端末価格は大きく上がりました。iPhoneも例外ではなく、大手キャリアではiPhone 11が8万円台後半から、iPhone 11 Proに至っては12万円を超えています。





では、iPhoneを安く買う手段が完全になくなったかというと、必ずしもそうではないです。以前のように、番号ポータビリティ(MNP)を使うとキャッシュバックまでもらえるといった売り方は静まりましたが、ある程度端末代を節約する手はあります。今日は春商戦に向け、iPhoneやiPadを割安に入手する裏技を紹介していこうと思います。






1. Apple Storeのキャリア契約がお得

iPhoneの価格は店舗や取り扱うキャリアによって異なりますが、一般的にアップルが直接運営するApple Storeのほうが割安です。例えば、iPhone 11の64GBの場合、ドコモが8万7120円、auが9万720円、ソフトバンクが8万9280円なのに対し、アップルでの価格は8万2280円。



5000円から8000円程度、キャリアが販売しているiPhoneは高いことがわかります。金額は異なりますが、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxも同様です。







そうは言っても、アップルではSIMフリー版しか買えないのでは……と思っている方もいるでしょう。機種変更のついでに料金プランを変更したり、キャリアの用意する手厚い補償サービスに入りたいという理由で、キャリア版を選ぶ方は多いです。



機種変更などが条件のキャンペーンも、端末を単体で購入するSIMフリー版のiPhoneには適用されません。





ところが、Apple Storeでも、キャリアの契約手続きをすることができます。Apple Storeが各キャリアと代理店契約を結んでいるため、キャリアショップに近い手続きが可能です。料金プランや補償サービスなどもその場で申し込むことができます。





キャリア契約をすると、SIMロックがかかってしまうのは難点ですが、SIMロックは一括払いであれば即時、分割払いであっても購入後101日目以降に解除可能です。この点も、キャリアショップで購入するのと変わりはないです。




現在、Apple Storeでは、キャリアの契約を結ぶことで割引を受けられるキャンペーンが実施されています。対象になるのはiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3機種。




iPhone 11の64GBの場合で7万3480円になり、SIMフリー版の価格と比べると、9000円ほどお安くなります。iPhone 11の販売価格が最も高いauとの比較では、約1万7000円もお安くなっています。オンラインのApple Storeは対象外で、店舗のみのキャンペーンですが、番号ポータビリティの利用などの面倒な条件はないので気軽に利用できると思います。






2020年のスマホ大予想してみた!


こんにちは!今日も元気になべっちです!!☺️




今日はズバリ2020年大予想☆携帯発売☆☆☆
ええ、携帯業界に勤めてる僕が!!!ドコモに絞って発売時期を大予想しちゃおうのコーナー!!




なんでドコモなん?って思ったあなた!そこはシークレットモードで㊙️笑

ではいってみよう☆


目次

  • 機種(Android)
  • 〇〇モデル
  • 機種(iPhone)春モデル
  • 容量
  • 価格
  • 機種(iPhone)秋モデル
  • まとめ




機種(Android)


まず、ドコモの機種ですが、
代表的な機種ですとXperia5、GalaxyS10+、 GalaxyA20、AQUOS sense3などです。



僕の感覚ですが、SONY(Xperia)のお値段が安価な機種(メモリやカメラの機能を比較的抑えている機種)、高価な機種(カメラの機能、中のメモリが優れている)の2種であり、その他のメーカーも安価、高価でそれぞれ2種ずつ出ている感覚です。サムスン(Galaxy)、シャープ(AQUOS)、が代表的な感じがします。富士通(arrows)だけ安価な機種の1種類だけ、、、という感じです😇



あとは画面を大きくしました!みたいなのでたまに販売されますがそれは例外として置いておきます。笑



〇〇モデル

ドコモでは〇〇モデルが有名です。これはAndroidのみになります。iPhoneは後ほどご紹介します。



今は2019-20秋冬モデルが出てます!



そしてこれから春にかけ
2020春夏モデル

2020夏モデル 👈ここで5G対応スマホ登場か!?

20-21秋冬モデル 



という感じで販売されていくと予想されます!
ただ、春夏と夏モデルは被っていることが多かったり、夏と秋冬モデルもかぶっていたりすることもあります!



1つ言えるのは秋冬と夏モデルがかぶる事がほとんどないので、年間で2回新機種が発売されるというイメージでしょうか。
なので、多ければXperiaの安価と高価で年間2回の新機種発売なので4台の新機種が生まれる感じです!
ただ、あくまでも予想なのでこれよりも少ない販売台数というのも充分にあり得ます。可能性としてはメーカー1つにつき年間で4台が妥当かなという感じです。



ただ富士通はなぜか少ないイメージなので、、年間で新機種が出て2台くらいではないでしょうか、、、笑
ひどければ来年の冬まで今の機種ね!ということも充分あり得ます。。富士通様だけはなぜか、なぜか少ないです、、、😅





〇〇世代まとめ!あなたは何世代?


今日も元気になべっちです!!

さて今日は〇〇世代についてまとめていこうと思います!!

ではレッツラゴー!!

世代(Generation)

さて世代についてですが、「X世代」「ミレニアル世代」「Z世代」なんて言葉をスマホで見かけたりしたことはありませんか?

みんながみんな当てはまるわけではありませんが、それぞれの世代にはそれぞれ特徴や考えがあります。

その特徴や考えを知っていると少しは楽にお話しなど出来るかもしれませんね!

世代の種類

以下は米国で生まれた世代の呼び方です。

・サイレント

74歳〜91歳

・Baby boomers(ベビーブーム世代)

55歳〜73歳

・Generation X(X世代)

39歳〜54歳

・Generation Y(Y世代)

(ミレニアル世代ともいう)

23歳〜38歳

・Generation Z(Z世代)

〜22歳

以上5つの世代から成り立っている。サイレントはご高齢であるため除いた4つの世代を順番にみていきたいと思います。

ベビーブーム世代

定義

1945年〜1964年頃に生じた「第一次ベビーブーム」に生まれた人を指します。日本では「団塊(だんかい)の世代」と呼ばれています。厚生労働省によると、3年間の出生率はおよそ800万人となっており、他の世代と比べても多いです。

特徴

ライフスタイルは終戦後から高度経済成長期の価値観が基盤になっています。

家庭の生活では「性別役割分業論」の影響が強く、「男は仕事、女は家庭」という認識が一般的でした。そのため共働き夫婦は少なく、女性は結婚を機に退職し、専業主婦になる人がほとんどでした。

また、団塊の世代が10代、20代を迎えた頃は日本の高度経済成長と重なり「金の卵」とも呼ばれていました。企業からは歓迎され、「金の卵」を中心に地方から都市部に上京し始めました。やがて都市部の人口集中が進んだのもこの世代です。

また、高度経済成長期には家電製品が普及した時期でもあり、その影響で購買意欲が高いです。人数も多いことから「大量消費社会」となり日本の経済を後押しした世代でもあります。

団塊の世代はめんどくさい?

年下の世代からは忌避されることがあると思います。僕もそのうちの一人です。それはなぜなのか。考えた時に封建的な考えと自己主張が強い点だと思っています。

戦争を経験している世代でもあり、上下関係に厳しい方も多く、下の世代から「横暴だ」と受け取られることもあると思われます。

激しい戦争を経験している人もいる中で周囲に埋もれないために、自己主張が強い人が多いのも特徴の一つでしょう。

X世代

定義

1965年〜1970年頃に生まれた方があたります。ベビーブーマーの後続世代でもあり、冷戦を経験している世代です。比較的、政治や社会に対して冷めている傾向があると言われています。

漫画やゲームに慣れ親しんだ世代でもあり、子育てをしながら一緒に漫画やゲームなどを楽しむ子供のような一面を持っているユニークな世代とも言われています。

特徴

人生において仕事もステータスも重要な地位を占めるが、家族や友人との時間を大切に過ごす傾向が強い。また、SNSなど流行っているものは取り入れようと頑張る傾向が強い。

バブル崩壊や就職難を味わっているためか、ブランドにあまり興味がない方が多い傾向にあるようです。

Y世代(ミレニアル世代)

定義

1980年代〜1995年頃に生まれた方です。Y世代とも呼ばれています。また、Y世代とZ世代を合わせてミレニアル世代と呼ぶこともあるようです。

特徴

ミレニアル世代が生まれた時にはインターネットやパソコン、スマートフォンが身近にあった世代です。そのためデジタルネイティブ世代でもあります。

インターネットを通じて様々な価値観に触れてきたためか、他者の価値観を受け入れやすく、仲間の繋がりを大切にします。

モノよりコトを消費する傾向にあります。

ルームシェアやカーシェアなど他の人と共有するシェアリングエコノミーなど、ネットフリックスやApple musicなどサブスクリプションサービスを活用する傾向が強いようです。

これは前の世代と比べ収入が減ったことで高価なモノを所有することが難しくなったといえるでしょう。

WEBから購入したり、共感することや拡散で購入することが多いです。また、健康意識が高く、「簡単に栄養豊富な食事が取れる」として自炊よりデリバリーを頼む傾向が強いです。

また、副業やスキルアップの意欲が高いのもこの世代であり、フリーランスとして独立する傾向があるのも特徴です。

Z世代

定義

1995年以降に生まれた方です。元々はミレニアル世代の中で一括りにされていました。が、研究が進むにつれて他の世代と嗜好性などが大きく異なると考えられるようになりました。その結果、ミレニアル世代の中でも特徴的な要素が見受けられた1990年代後半生まれの世代を新しくZ世代と区別されました。

特徴

インターネットを使ったオーディエンスの増幅、情報取得能力が極めて高いです。タイミングとセグメンテーションに非常に敏感です。

そのため、各々が拡散力を持つインフルエンサーになる可能性が高いと言われてます。

まさに高い能力を備えた、希望の星のような存在です。

まとめ

いかがだったでしょうか?自分はY世代に当たりますが、Z世代はつくづく凄いなと思います。インターネットを使って何でも出来てるじゃないか!と。(笑)

また、今回書いたのは日本の世代ですが、アメリカと比較した世代では特徴が違うので調べてみても面白いかもしれません。いずれ記事に書こうと思ってます。(笑)

僕もZ世代に負けないように情報収集したり高い能力を持っていけたらなぁと思います。

では今回はこの辺りで〜

またお会いしましょう!またに〜☆

END


早くも6G登場か!?


今日も元気になべっちです!最近ポケモンにハマってます。笑

さてさて今日は巷で話題の5Gについて書いていこうと思います。5Gは次世代移動通信システムという意味合いをご存知の方が多いと思います。

 

そう!!正解です!笑

5Gとは・・・

携帯電話などに使われる超高速通信技術で、情報通信における遅れがほとんどなくなります。

実は、この5G技術に関しては米国ではなく中国が先端を走っています。 

米国は焦っているようで、すでに国を挙げて6G技術の開発に取り組み始めています。 

え、まだ5Gのサービスもまだなのにもう6Gの開発!?早くない!?
そうなんです、、早いんです! 

中国も国策として6G技術を行なっています。

ここでは5Gや6Gのビジネスにおける意義や6Gを巡る世界的な競争について解説していきたいと思います。 

そもそもなぜ5G・6Gなのか 。

5Gは次世代高速通信技術で、中国(50都市)や米国ではすでに普及が始まっています。

日本においては、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで初めて使用される予定で、その後全国に普及される予定です。

 

5Gの特徴は高速大容量、超低遅延、多数端末接続です。

例えば、携帯電話などにおけるストリーム配信での遅れがほとんど無くなります。 

しかし、携帯電話を利用する多くの人には4Gや3Gでほとんど問題ないでしょう。 

5Gは、むしろビジネスや産業分野において重要な役割を果たすと期待されています。 

例えば、5GはIoTや自動運転技術で活用することができます。 

IoT(Internet of Things)は、インターネットを経由した統合システムです。

工場にある組み立て用の各種機械を全てインターネットに繋げて、各々の機械から得られた情報はクラウド上に集積され、一元的に管理されるというシステムです。 

集積されたビッグデータは、リアルタイムでAI(人工知能)により処理・分析され、工場あるいは製造現場を最適化することができます。 

実際に、自動車組立工場などでIoTシステムは使用されています。 

今後もIoTシステムは進化し様々なところで使用されるようになると考えられていますが、システムが複雑化すると5Gの大容量かつ高速の通信技術が必要となってきます。 

5Gの課題 「吸水減衰性が大きい」

実は、5Gの電波が届く範囲は狭く、吸収減衰性が大きいために建物の壁などで減衰してしまうという欠点があり、スモールセル(小型基地局)を多数設置する必要があります。 

多数のスモールセルを設置するとなると、その分コストが上がってしまいます。 

つまり、局所的に利用できますが、広域的利用にはまだ課題が残されています。 

少なくとも6Gが利用可能になるまでこの問題は解決されると考えられる。

5Gについて中国が米国を抜いた

5G製品の製造に欠かせない標準必須特許(SEP)の出願数は、中国企業が最も多くなっています。 

IPlythics Platform社のデータによれば(2019年11月)、特許出願数が最も多い企業は中国のファーウェイです。 

次いで、2位サムソン(韓国)、3位LGエレクトロニクス(韓国)、4位ノキア(フィンランド)、5位ZTE(中国)です。

 

特許の認可数はサムソンが最も多いのですが、認可には時間がかかるので、数年で認可数の順位は変わると思われます。 

ただ、ベスト5には米国の企業は入っていないので、中国は5G技術に関しては米国より優位に立っています。 

すでに6G技術開発競争が始まっている

米国は焦っているようで、5Gが普及する前に6G技術開発への取り組みをすでに始めています。 

中国も国を挙げての6G技術開発を開始しました。 

米中以外でもフィンランドや韓国でも6G技術開発が進められています。

 

やはり、6Gは5Gよりもさらに低遅延で高速大容量となることが期待されており、この段階になるとバーチャル世界と現実世界がミックスされた世界が可能になってくるのではないかと予測されています。 

以下に各国の取り組みを紹介します。 

米国

トランプ大統領がツイッターで5Gだけでなく、6G技術開発が早急に必要だと述べました。

一方で、米国は技術開発のために、95ギガHzから3テラHzの周波数帯をオープンにする予定です。 

中国

2019年11月6日に6G技術開発に向けた調査研究を開始したことを発表しました。

そのための産学官連携チームが発足されました。 

フィンランド

2018年、オウル大学は6G技術開発のために6G Flagshipプログラムを立ち上げました。

このプログラムにおいては、6Gに必要なソフトウェア、ハード、通信技術などについて研究開発が行われています。 

韓国

サムソンとLGエレクトロニクスも6G技術開発をすでに始めています。

LGエレクトロニクスは国立大学KAISTで、6G研究のためにリサーチセンターを開設しました。 

まとめ

今後の次世代通信技術5Gと次々世代通信技術6G ですが、5Gについては普及が始まっており、特に産業界で広がっていくでしょう。
5Gに関して注目するべき業界は IoT・AIの業界なので、この関連銘柄には注目です。

次々世代通信技術6Gについては、米中だけでなく他の国も競争に加わっており、どの国がリードするのか不透明な状況です。

まだ、6Gについてはまだ定義がはっきりしていませんが、この数年のうちに研究が進んで明らかになってくるのではないでしょうか。

それでは今日はこの辺りで!
またお会いしましょう!!!

ーーーーーーーーーーENDーーーーーーーーー