iPhoneになぜノッチをつけたのか


こんにちは!なべっちです!!



コロナウイルスの蔓延が止まりませんね。。。

みなさん気を付けてください。



さていきなりですが、2017年に登場した「iPhone X」

を覚えていますか?



あの時に実は画面の上部分を削って

パーツを埋めこむという「ノッチ」が

搭載されました。




ノッチを埋め込む事でFace IDのスピードが速くなりました。


ただ、このFace IDですがコロナが蔓延している

今のご時世、マスクをしたまま顔認証がうまく働かない

ことが多いです。



そのため、顔認証する為に一回一回マスクをずらすという不便さが

あります。





顔認証「Face ID」とノッチの誕生



ノッチはデザイン上の妥協で付けられたと考えられています。

特に機能上で必要ではないため、デザイン重視と

考えられています。





一方で新世代のiPhoneはアイコニックな意匠になりました。



つまり、デザイン性は多くの人に受け入れてられている

という事です。



今までは、長方形の設計であるスマートフォンのディスプレイを縦長の

デバイスのサイズに精一杯拡げます。



こうすることで元々ディスプレイ上にあったホームボタン

など、ディスプレイ以外の要素がiPhoneからなくなります。



そして指紋認証の代わりに「Face ID」である顔認証システム

が搭載されます。



このカメラ部分を搭載するため、画面の半分以上の領域を切り抜く

ノッチが必要になりました。



ちなみに、当時は「Face ID」は精度が高く、アップル

にしか扱えない技術とも呼ばれていました。




AI顔認証技術を持っているイスラエルの企業を買収

を行い、約3億9000万ドルを投資して顔認証システム

の部品を年間1億台供給したとも伝えられています。




こうした研究のもと、新時代の特徴として

iPhoneXの顔認証システムが搭載される際に、

ノッチが生まれました。





ノッチは今後小さくなり、無くなる予定

ノッチがあることにより、画面上部は左右に分かれています。



ロック画面では、左側にキャリア名、右側に電波の強度と

回線の種類(4GやWiFi)、電池のアイコンが表示

されています。




また、 Air PodsなどBluetoothヘッドフォンを接続した時に

ノッチの右側にアイコンが大きく表示されます。




画面上では確かにノッチの部分は黒くなっており

非表示の領域です。


しかし、スクリーンショットを撮るとノッチの下

に隠れている画面も写真として保存されています。




なんというドMプレイなのでしょう。笑

僕が最初気づいた時にそう思いました。笑





そのため今後はノッチが小さくなり、いずれ

画面から無くなるでしょう。


その時、アップルは自慢するかのように

語っているかもしれないです。笑




これからの時代へと準備は既に始まっている

今回登場した2020年モデルのiPad Proですが、

背面に距離測定が可能なLiDARスキャナが搭載されています。




この機能はiPad Proから5mまでの範囲を光で飛ばし、

帰ってくるまでの距離を時間の測定によって、

正確な距離を測定することができます。




このことからiPad Proは5mまでの距離を正確に

測定できる機器として進化しました。





これはこれから流行するであろう「拡張現実」の

アプリに対応するためではないかと考えています。





その技術を現段階から少しずつ試しているの

だと僕は思っています。







最後に

恐らくアップルはこれからAR対象となるオブジェクト

や空間を正確に把握するとういう事から始めるということを

伝えているのではないでしょうか。




また、ノッチの話の部分で小さくなり、いずれは

無くなると書いていますが、元はと言えば

アップル自身が作った課題でもあります。




元々の設計の際にノッチを付けない設計

もできたはずです。



そこをあえてアップルは残しています。

これは人々の反応を見ると伴に、

ノッチを外す課題をアップル自身で

解決しようとしているかもしれません。




自ら作った課題を自ら解決する

このやり方には多々感心します。





ただ単に「ノッチを外す」ではなく、

「ノッチの外し方」が他にないか

考えながらデザイン性も意識しながら

ノッチを外すのだろうと考えると

凄い会社だなと思います。






今回は以上になります。

いかがだったでしょうか。

また次回もお楽しみに☆

END


安くiPhone・iPadを購入する方法3選


こんにちは!今日も元気になべっちです!!



歯磨きは必ず10分以上磨くことを習慣にしています。



さて本題にいきましょう!

今日はズバリiPhoneを安く買う講座です🙋‍♂️ではどうぞ!




目次


  • はじめに
  • 1. Apple Storeのキャリア契約がお得
  • 2. 決済サービスのキャリアキャンペーンや家電量販店での購入
  • 3. iPadの場合は「認定整備品」がお得
  • 最後に






はじめに

一般的に4月に新年度を迎える日本では、1月から3月が携帯電話市場で最大の商戦期になります。新生活を迎えるにあたり、学生が新たに携帯電話を持ったり、新社会人が端末を新しくしたりといったことが多いです。学生やフレッシュマンをターゲットにした学割サービスが前年の12月ぐらいから始まるのも、そのためでもあります。この時期にiPhoneを買い替えようと思っている人も多いと思います。





ところが、今年の春商戦は例年と大きく様相が異なっています。2019年10月1日に施行された改正電気通信事業法によって、スマートフォンへの端末購入補助が大きく制限されました。



通信契約を伴う場合の割引は2万円までと定められるのと同時に、端末購入補助を禁止する分離プランが大手キャリアに義務づけられました。結果、見かけ上の端末価格は大きく上がりました。iPhoneも例外ではなく、大手キャリアではiPhone 11が8万円台後半から、iPhone 11 Proに至っては12万円を超えています。





では、iPhoneを安く買う手段が完全になくなったかというと、必ずしもそうではないです。以前のように、番号ポータビリティ(MNP)を使うとキャッシュバックまでもらえるといった売り方は静まりましたが、ある程度端末代を節約する手はあります。今日は春商戦に向け、iPhoneやiPadを割安に入手する裏技を紹介していこうと思います。






1. Apple Storeのキャリア契約がお得

iPhoneの価格は店舗や取り扱うキャリアによって異なりますが、一般的にアップルが直接運営するApple Storeのほうが割安です。例えば、iPhone 11の64GBの場合、ドコモが8万7120円、auが9万720円、ソフトバンクが8万9280円なのに対し、アップルでの価格は8万2280円。



5000円から8000円程度、キャリアが販売しているiPhoneは高いことがわかります。金額は異なりますが、iPhone 11 ProやiPhone 11 Pro Maxも同様です。







そうは言っても、アップルではSIMフリー版しか買えないのでは……と思っている方もいるでしょう。機種変更のついでに料金プランを変更したり、キャリアの用意する手厚い補償サービスに入りたいという理由で、キャリア版を選ぶ方は多いです。



機種変更などが条件のキャンペーンも、端末を単体で購入するSIMフリー版のiPhoneには適用されません。





ところが、Apple Storeでも、キャリアの契約手続きをすることができます。Apple Storeが各キャリアと代理店契約を結んでいるため、キャリアショップに近い手続きが可能です。料金プランや補償サービスなどもその場で申し込むことができます。





キャリア契約をすると、SIMロックがかかってしまうのは難点ですが、SIMロックは一括払いであれば即時、分割払いであっても購入後101日目以降に解除可能です。この点も、キャリアショップで購入するのと変わりはないです。




現在、Apple Storeでは、キャリアの契約を結ぶことで割引を受けられるキャンペーンが実施されています。対象になるのはiPhone 11とiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの3機種。




iPhone 11の64GBの場合で7万3480円になり、SIMフリー版の価格と比べると、9000円ほどお安くなります。iPhone 11の販売価格が最も高いauとの比較では、約1万7000円もお安くなっています。オンラインのApple Storeは対象外で、店舗のみのキャンペーンですが、番号ポータビリティの利用などの面倒な条件はないので気軽に利用できると思います。






iPhoneの価格予想してみた!


どうもこんにちは!なべっちです!!



さてさて今日はiPhoneの価格に書きたいと思います!^ ^

そう!iPhoneで有名なAppleさんですが、なんとAppleさんが出しているAirPods(ワイヤレスイヤホン)が次のiPhoneに付属するという噂が流れているようです!!



なぁにぃ!ですね。笑


目次

・自称iPhone信者

・本体代金は年々上昇中

・iPhone本体金額

・AirPods同封金額

・まとめ




自称iPhone信者

僕はiPhone5sの時代からずっとiPhoneを使っている自称iPhone信者だと思っています。笑


今まで携帯はiPhone5s6s8plusXR11Proと使ってきています。

そしてタブレットも第6世代、iPad Pro11インチと使ってきました。


それくらいシンプル性に富んでいるAppleさんは僕は好きです



話が脱線してしまいました。。(笑)今回のAirPods同封についてなのですが、シンプルに次のiPhoneの本体代金が結構上がるのではないかという心配しかしてません!!笑




本体代金は年々上昇中

年々わずかですがiPhoneの本体代金は上昇傾向にあります。

iPhone8 52,800

iPhone8Plus 62,800

iPhoneXR 64,800

iPhone11 74,800

iPhone11Pro 106,800

iPhone11Pro Max 119,800

※全て64GBの容量、Appleの公式サイトから引用。




iPhone本体金額

次のiPhone12の新作に関しては秋からサービスが提供される5Gに対応したiPhoneになると考えており、そこにワイヤレスイヤホンのAirPodsが同封となると、もう64GBの容量でも10万円くらいしてきそうな勢いです!!



価格を見て分かる様に大体1万円ずつ本体代金は上昇きてます。Proになるといきなり3万円ほど上がりますが、、、笑



こう考えると次の新作もiPhone1212Pro12Pro Max(名前は変更されるかもなので仮でいきます)の3つの種類の販売になりそうと予想し、


iPhone12が84,800円

iPhone12Proが116,800円

iPhone12Pro Maxが129,800円



と予想が付きます。ここにAirPods。。。😬😬

ちなみにAirPods

AirPods 17,800

AirPods Pro 27,800




となってます。iPhoneに同封されるのであればお値段が抑えめのProではないAirPodsが同封されるのが濃厚と考えられます。





AirPods同封金額

AirPods同封して割引がないとすれば、

iPhone12 102,600

iPhone12Pro 134,600

iPhone12Pro Max 147,600





これがAppleで販売されるSIMなしのiPhoneの本体代金になると考えられ、キャリア(docomoSoftBankau)で契約するとなると携帯会社にもよりますが+1万円~2万円になるでしょう。そうなると、iPhone12でも11万円台に突入です。。。;∀;)




AirPodsが同封して割引が入ったとしても1万円~多くて2万円だと考えられますので割引きが入ったとしてもiPhone12でも10万円くらいにはなります。。。もはやパソコンレベルの金額ですね。。。トホホ




まとめ

僕的にはAirPodsの同封よりも現在発売のiPhoneに元から付いている充電器やイヤホンを廃止し、本体代金を下げるという方向に進んで欲しいなと思いです。笑



充電器やイヤホンが欲しい方は別売りで購入してもらうスタンスでも僕はいいのではと思ってます。なぜなら現にAndroidの端末が充電器、イヤホンが付属していないからです!!




あと、iPhoneをずっと使っていると充電器やイヤホンが増えていくばかりでわっさ~ってなってます。。。笑



なのでAirPods同封するより、充電器やイヤホンの充電器は無しでもいいのかな~と思ってます!!




では今日はこの辺で!次回もお楽しみに☆

またに〜☆

END